ビジネスバッグが届いた時に気になる◯◯とは?TUMI-plus

この度の熊本を震源とする大地震の被害に遭われた方々に、
心よりお見舞いを申し上げますと共に
一日も早い復旧をお祈りいたします。

また避難されている方々が、
ご自宅に帰られる日が1日でも早く訪れることを心から願っています。

それではブログを更新させていただきます。

改めまして、
アクセスいただきありがとうございます!(^_^)
TUMI(トゥミ)通販専門shop|TUMI-plus店長の中家です。
こんにちは!

すっかり桜も散ってしまい、
だんだんと新緑の季節になってまいりました。

窓から見える山の木々が初々しく見えます^^

外を歩けば、新一年生が
少々大きすぎるランドセルを背負って登校しています。

shinryokuminohcity-min
こちらは私の毎日のウォーキングコースで、今日の写真です^^
写真の緑はほとんどがモミジです。

______________

それでは本日のお題、まいります。

「バッグの匂い」について
お話をさせていただこうと思います。

宜しくお願いいたします。

匂いの犯人は誰だ・・?

実は以前、ビジネスバッグをご購入いただいたお客様より
「バッグが届いた時、においがとても気になりました。」
という内容のお便りをいただきました。

その文字を読んだ瞬間、
お客様に不快な思いをさせてしまった事に
一瞬、ハッ!といたしました。

と同時に、もしかすると、、
「匂いの正体はアレか・・」
と思い返しました。

それはいわゆる「新しい匂い」というものです。

ダンボールに一つ一つ入って届けられるTUMIのバッグたち。

tumi-plus-min
こちらは本日間もなく出荷の、
お嫁入り前の大切なバッグたちです^^

そしてこの子たちは皆、
製造工場からお客様のお手元に届くまで、
検品時以外はずっとこのように収まっています。

作りたての商品というのは、
ナイロンでもレザーでもファブリックでも
特有の新しい匂いというものがあります。

新車なんかでも、乗るととても良く分かりますよね。

newcaraudi-min
シートの匂いにクラっときたり・・

それが「良い匂い」と感じる方、
「苦手な匂い」と感じる方がおられると思います。

お便りをいただいたお客様には
大変お気の毒なお気持ちにさせてしまい、
申し訳なく思っております。

出来たてのTUMIのバッグはナイロンの袋に入れられ、
一つ一つダンボールに収められています。

つまり、作りたての素材の匂いが
密封に近いかたちでしばらく保存されます。

そのため、開けた時に
独特の匂いを感じる方がいらっしゃるのも当然ですよね(;;)

私も恐らく最初の頃は感じていたのだと思います。

ところが、こう毎日毎日検品をしておりますと鼻が慣れてしまっており、
すっかりと匂いが気にならなくなってしまっていました。

しかしご安心下さい。

この匂いは、ダンボールやナイロンの袋から取り出し、
使用していく内に気にならなくなっていきます^^

できるだけ当店でも、
出荷前分はダンボールを半開きにしておくよう心掛けております。

しかしながら、
大切なお客様へお届けする大切な商品ですので、
なるべくなら屋内とはいえ
外気に触れることは最小限に抑えたい思いがあります。

ですので、バッグを購入して下さる皆さまへお願いしたいこと・・

もしも届いたバッグの匂いが気になられたら、
しばらく日の当たらない風通しの良い場所に置いておいてください^^

場合によっては時間が少々かかってしまうかもしれませんが、
匂いは気にならなくなります。

TUMI-plusからのお願いです^^

お問合せください

当店では、
現在皆さまに安心してオンラインショッピングをお楽しみいただくために、
ご購入いただく前のお問合せをお受けしております。

商品に関してのことをはじめ、
ご相談・ご質問等などございましたら
是非ご遠慮なくお問合せいただきたいと思っております。

また、商品の返品・交換にも対応しておりますのでご安心下さい^^

メールでのお問合せはコチラから♪
(当店お問合せフォームに移動します)

お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ♪
0727396086
※スマートフォンならワンクリックでお掛けいただけます。
(電話対応:月曜~土曜12:00~17:00)

TUMI-plus|TUMI(トゥミ)通販専門shop

皆さまのビジネスライフを更に快適に!

TUMI-plusは、
そのお手伝いをさせていただけるような
ショップでありたいと思っています。

「TUMIのカバンにして荷物も気分もスッキリ!」と
心から感じていただける毎日を
お届けいたします。

これからもTUMI-plusをどうぞよろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ