TUMIのバッグの選び方「リュック編」。あなたはバックパックに何を求めますか?

アクセスいただきありがとうございます!(^_^)

TUMI(トゥミ)通販専門shop|T-plus店長の中家です。

みなさんこんにちは♪
「暑い時に“暑い”と言ってはいけない」
と親から育てられた私ですが。。

暑いですね・・・(^O^;)

できるだけエアコンは使いたくないのですが、
今年は耐えられるのか・・

皆さん今夏もバテずにガンバって乗り切りましょう!

 

TUMIのバッグはジャンルレス!

さて、世の中には様々なジャンルのお仕事でご活躍される方々がいらっしゃいます。

写真家の方や、会社でのオフィスワークをメインとした方。

建築家やデザイナーの方々など。

そして皆さんそれぞれのお仕事に合ったバッグをお持ちだと思います^^

【T-plus】では特に
「ビジネス」に特化したTUMIのビジネスブリーフをご紹介しており、
ビジネスパーソンの方々に人気なのはご存知の通り(^^♪

しかし最近では色々なジャンルのお仕事をされている方に、
TUMIの「バックパック」も人気なんですよ!

 

バックパックもタフでなければ始まらない!?

世界を駆け巡る音楽家である私の知人D氏は、
移動にTUMIのバッグパックを愛用しています。

彼はアメリカ国内で購入したTUMIのバックパックを所有しており、
「デザイン性・機能性の両方に優れたバックパックは他にない」
と明言していました(^-^)

PCやipadを持ち運ぶのは当然のこと。

毎回アダプターなどやヘッドホン、
PC周辺アクセサリー類を多数収納しての移動について、
「体への負担を心配した」と彼が言っていたのを憶えています。

確かに毎回毎回の大荷物って、
積もり積もると体への負担て大きいんですよね(TT)

TUMIのビジネスバックパックは、
ショルダーベルトに特許を取得した技術を盛り込んでおり、
肩への負担を軽減してくれるので、
長時間背負っていても疲れにくいといった特徴があります。

実際にD氏も
それまで使っていた移動用のバックパックとは全く比べ物にならない
と言っていました。

背面にある背中への負担を軽減する「3D立体保護機能」を搭載したパッドは、
メッシュ製になっているので蒸れも防止して快適です☆

D氏を例に挙げると、
移動では手荷物としても預け荷物としても、
1年中、持ち主と世界中を駆けまわっているバックパックですから、
そうとうタフでないとやっていられませんよね!

TUMI ALPHA2 BUSINESSシリーズのバックパック、
特に、素材に「FXTバリスティックナイロン」を使用しているモデルは非常に耐久性があり、
型崩れもしにくく汚れにも強いので、
安心して使用することが出来ます(*^_^*)

26578D2トップのポケット画像

※他にもファブリック製の商品もございます。
また他シリーズやレザーのバックパックもございます。

96578D2横向きの画像

TUMIレザーバックパクの保存バッグの画像

※レザー製品には、TUMI専用のレザー製品用保存袋が付いています!

 

バックパックのいいトコロ

先程も少し触れましたが、
バックパックは両肩に負担が分散されるため
バランスが取れ、体がとても楽であることが最大のメリット。

手持ちや肩掛けタイプに比べ機動性が格段に高いため、走れます!
(走ってもバックパックなら安定)
つまりバックパックだとフットワークが軽くなります。

ノートPCを入れていても両肩で背負っているので、
手持ちのバッグに入れて持ち歩く際の半分以上軽く感じるのも嬉しい点。

実際、店長の私も仕事で出張があった際に、
バックパックに2つの15インチノートPCを入れて移動していましたが
安定感もあり、ちょっとくらいなら走ることも苦になりませんでした。

そうなんです・・・

大きめのものだと出張にも使えて移動が楽チンです!

※TUMIのバックパックは、
ショルダーパッドのクッション性も高くしっかりとデザインされているため
長時間背負っていても疲れにくいという特徴もあります。

26578D2背中部分とショルダーベルトの画像

さらにバックパックを背負っていると歩くことに前向きな気分にもなれ、
運動不足の解消にも一役かってくれそうですね!

旅行はもちろんですし、
ビジネスでもスーツ姿に栄えるようなTUMIのデザインは流石の一言

 

26578D2正面の画像

大人の持つリュックとしてふさわしいラインナップが揃っています。

ALPHA BRAVOシリーズも、
所々にあしらわれた落ち着いたレザー使いなどが
カジュアルすぎずビジネスシーンでも違和感はありません。

222681HK横から見た画像

奥底に小物アイテムが隠れてしまいがちなバックパック。

けれどもTUMIのバックパックはポケットが多いため、
小物もそれぞれのポケットに収納ができるので
メインルームは書類や着替えといった大ぶりな収納に徹することが可能です♪

26578D2オーガナイザーポケットの画像

26578D2トップのポケットを開けた画像

26578D2メーンルームを開けた画像

※出張やお仕事帰りのジムへは着替えが必須ですもんね!

あとこれは聞いたお話ですが、
震災などの際に交通機関がストップしたため、
帰宅が困難になった場合もバックパックだったのは本当に助かったという意見もありました。

 

機能性が充実したバックパックのラインナップ

当店ではビジネスシーンからプライベートシーンにまで対応できる、

様々なタイプのバックパックをお取り扱いさせて頂いております。

カラーもシンプルなブラックのものからカラフルなものまで(^-^)/

一見シンプルに言えるデザインでも、やはりその機能性はTUMI。

中身はそれぞれに充実しています。

↓ペンループにチケットポケット、
伸縮性のあるポケットやオープンポケット。

26173D2オーガナイザーパネルの画像

 

↓キャリーオンラゲージに装着できるシステムの
「アド・ア・バックスリーブ」機能。

tumi22385withcarry

 

↓ペットボトルや濡れた折り畳み傘を入れることができる、
撥水・加工を施したU字型のポケット。

26578D2撥水防水加工のポケットの画像

↓また、IDロック機能搭載のファスナーポケットが付いたものまで!

26173D2ID LOCK ポケットの画像

↓そして「T-Pass」といって、
空港(US)でのセキュリティチェックで、
PCを鞄から出さずにパスすることができる機能が付いたものまであるんですよ^^
(※ただしアメリカ運輸局側の要請において、この限りではありません。)

26578D2T-PASSの画像

26578D2T-PASSタグの画像

 

いかがでしたでしょうか。
通常のビジネスブリーフに負けないパフォーマンスは、圧巻ですね!

 

世界各国でTUMIのバックパックを、
ビジネスシーンで愛用している方が大勢いるのも納得です。

私も世界を駆け巡るようになったら、
TUMIのバックパックを1つ所有したいなと思っています(^^♪

 

T-plusで取り扱っているバックパックはコチラ♪

ぜひ見に来て見て下さいね!

TUMI人気のバックパック大きさ比較表

商品の型番 高さx幅x奥行き
26578 42cm x 30.5cm x 20.5cm
96578 42cm x 30.5cm x 20.5cm
26173 40.5cm x 31cm x 18cm
222382 43cm×35.5cm×23cm
222681 40.5cm x 35.5cm x 15cm
26177 40.5cm x 33cm x 15cm

 

お問合せください

当店では現在皆さまに安心してオンラインショッピングをお楽しみいただくために、
ご購入いただく前のお問合せをお受けしております。

商品に関してのことをはじめ、ご相談・ご質問等などございましたら
是非ご遠慮なくお問合せいただきたいと思っております。

また、商品の返品・交換にも対応しておりますのでご安心下さい^^

メールでのお問合せはコチラから♪
(当店お問合せフォームに移動します)

お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ♪
0727396086
※スマートフォンならワンクリックでお掛けいただけます。
(電話対応:月曜~土曜12:00~17:00)

TUMI(トゥミ)通販専門shop|T-plus

皆さまのビジネスライフを更に快適に!

T-plusはそのお手伝いをさせていただけるような
ショップでありたいと思っています。

「TUMIのカバンにして荷物も気分もスッキリ!」と
心から感じていただける毎日を
お届けいたします。

これからもT-plusをどうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ