tumiのスーツケースの特徴とは?他のスーツケースと何が違うの?

アクセスいただきありがとうございます!(^_^)

TUMI通販専門shopTUMI-plus店長の中家です。

さて、ビジネスバッグといえばTUMI。

そんなTUMIユーザーのビジネスパーソンの方々の中には、
出張で日本中、
また世界中を飛びまわっている方達も多く見られます。

旅慣れた方たちだからこそ実感するスーツケースの利便性とはいったい。

旅のお供「スーツケース」使って分かるコト

例えばOLをしていた当時の私であれば
「スーツケース」と言えば、
年に1回使うか使わないかという程度の、
大きくて場所を取るハコといった印象^^;

ですが国内、海外と出張の多いビジネスマンの方たちにとってみれば、
必要不可欠なアイテムですよね?

だからこそ使っていてストレスの無いものを選びたいと思いませんか?(*^_^*)

私が人生で最初に購入したスーツケースは、
ショッピングモールだかで買ったどこの商品かも分からないものでした。

高校生の時だったし、何も考えてないし、
体力あるし、多少タイヤの回りが悪かろうがそんな事はどうでも良かった。

ただ、大人になったある時。

私はひょんな事から、
2ヶ月ほどヨーロッパで過ごすことになったのです。

2ヶ月といえば当然ながら
ただの旅行とはパッキングが異なりますよね(゜o゜)

まぁ夏だったし荷物は少なめとはいえ、
もっと大きなスーツが必要だと思い、
某メーカーの大きなスーツケースを購入したのです。

その時は「スーツケースなんて消耗品」と思っていたので、
価格重視で選びました。

あなたがスーツケースを選ぶポイントは?

私が2ヶ月間のヨーロッパ滞在で拠点を置いていたのはパリ市内でした。

初めてのヨーロッパだったのですが、なめてました笑

石畳が多い。。。^^;

私がそれまで行った海外といえば、
ほとんどがアメリカ大陸。

石畳とは無縁のスイスイスラスラな道ばかりという印象。

それがどうでしょう、
ヨーロッパに関して全く知識が無かったわけではなく、
石畳のイメージももちろんありました。

だけど!

あんなに足元に悩まされるとまでは^^;

もちろん平坦なアスファルトの道はあるにしろ、
滞在中に行ったロンドンやオランダ、ベルギーなども石畳が多い。

いちいちスーツケースを持って行ってたのですが、
持ち手のハンドルを中心にスーツケースが回りながら
(実際は回ってはいませんが笑)進むという感じ(ToT)

スーツケースを持っての移動が多かったので、
なかなかのストレスだった事を憶えています。

価格重視で選んだ自分をちょっと恨んでしまいました。。

「TUMI」のキャスター付きラゲージ

今思えば「TUMIのスーツケースを買っておけば良かった」の一言(:_;)

安物買いの銭失いというやつです。

TUMIのキャスター付きラゲージを使用されている方ならもうお分かりかと!(^^)!

TUMIのキャリーケースに採用されているハンドル。

なんと物凄く軽いのに、物凄く強度があるんです。

それはTUMI独自のパーツに秘密あり。

tumicaster

TUMIの商品はとにかく耐久性に優れていますよね(^-^)

衝撃の吸収や小回りの良さ。

そして何といってもそのスムーズな走行!

現在特許申請中の技術が、
キャスター部だけで4つもあるというのですから驚き!

旅をする人のことを考えて造っている、
という作り手の意識に頭が上がりません。

普通に考えたら「これで充分」となるところじゃないですか。

それがまだまだ、もっともっとなんですよね。

私はTUMIのこういった精神にも惚れ込んでいるんです(*^^)v

TUMI独自の技術は他にもいろいろ

旅に出ると帰りの荷物が増えるってこと、
海外旅行なんかでは当たり前ですよね。

追加でラゲージを購入なんて事もあったりしますよね。

TUMIのキャリーケースには、
エクスパンダブル機能の付いた商品もあるんですよ(^^♪

なんとマチが拡張するんです☆

キャリーケースなのに素晴らしい。

なので帰りに追加のラゲージを購入する必要もなしです(^_-)-☆

スマートなライフスタイルを追求するビジネスパーソンのあなたには、
無駄の無いTUMIのスーツケースがピッタリですね☆

当店TUMI通販専門shop【TUMI-plus】の
スーツケースのページはこちらです♪

他にもTUMIのスーツケースを紹介した記事があります^^

よかったらそちらも見て下さいね(^^)/

→「メリディアン」 キャリーオン・ウィールド・ダッフル

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ